読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日産まれてほしかった

スポンサーリンク

 

17日の検診の結果、胎児の頭が糸に当たっているとか言われたそうで、22日の今日、抜糸をすることになっていました。

17日の話では、抜糸後、すぐに産まれる可能性が高く、どちらにしても1泊入院は確実だと言われていました。たとえ、その日に産まれなくても陣痛が始まったら1~2時間で産まれる可能性が高いから、痛くなったらすぐに来るようにとまで言われていました。

そこで、土曜日から母に応援に来てもらいました。

妻も胎児に言い聞かせていたせいもあり、数日前から、胎児の様子もおとなしくなり、いよいよ脱出の準備が始まったのかと思っていました。

妻は今日に備え、いつもより体を動かしたり、外出してもできる限り歩いたりしていました。

昨晩は鈍痛がするというので、家族全員早めに就寝しました。

僕も今日は休暇をとり、昼過ぎに皆で病院に行きました。

もちろん、入院や出産に備えて、入院セットや、カメラ一式を持って。

しかしながら、今日は何事もなく帰宅することになりました。

抜糸はしてもらったのですが、痛みに耐えられず糸は完全にとれなかったそうです。モニターをしても、張りがなく、開き具合も思ったほどじゃなかったそうです。

単なる待機入院で1泊2万円を取られることはありませんでしたが、妻はがっかりしていました。

抜糸の痛みや鈍痛は続いているようで、今晩も気が抜けませんが、平成22年2月22日生まれの可能性はもうほとんどなくなりました。

産後の計画(いつまで母がいてくれるかとか)が白紙に戻ってしまいました。

今回も人騒がせな娘です。