育児メモ2/13

スポンサーリンク

 

娘は少し以前から高熱と咳が続き、検査の結果、
肺炎にかかっていることがわかりました。

そこで、しばらく飲み薬と座薬(抗生物質)を投与して、
治療を続けていました。

2月12日の診断結果で無事完治。今は症状もなく元気になりました。

元気になると相変わらず食欲旺盛で、ちょっと困るくらいよく食べます。
一日中何か食べているような感じです。食べたいもの飲みたいもの
ははっきり主張し、出てこないとグズッて泣きます。
(例:ちゃーちゃ(お茶)、にゅーにゅ(牛乳)、えんべい(せんべい)、
 ばなな、ぱん、など)

今日(13日)は、3回も大きなうんちをしました。

少しずつ話す言葉も増え、いままではっきり言えなかった言葉が
いえるようになったりしています。

最近よくいうのは

「ママ(あるいはパパ)いない」(近くにいても言います)
「ママ(あるいはパパ)いた」
「なんだこりゃ」(かわいくて笑います)

です。

寄ってきて甘える時と、何を言ってもあさっての方をみて
無視する時があり、いつも振り回されています。

---------------------------------------------------

一方、おなかの赤ちゃんの方ですが、すくすくと育っているようです。
動きも激しいようで妻はつらそうです。長女と同じくよくしゃっくり
するようです。(相変わらずパパは実感が薄いです)

妻は既報のとおり、運動が制限されているので、週末に出かける際も
出先で車いすがあれば、乗せるようにしています。

新居は、駐車場からの距離も短く階段も少ないため、楽になったと
言っている妻ですが、逆に室内での移動距離は増え、つらいつらい
と(ぜいたくな)ことを言っています。

そんな妻は、2階へは引っ越してからまだ数回しか行ってません

キッチンには妻の要望で食洗機をつけたのですが、思いのほか楽チンで、
朝昼晩の食器を夜まとめて洗っています。

外科的予防と活動自粛のかいがあって、いまのところ出産まで
入院せずに済みそうです。

出産予定日は3月中旬だったのですが、産婦人科医との話では
17日(検診日)の状況しだいでは、翌週の抜糸と一緒に
産ませてしまうかもしれないそうです。

いずれにしても、抜糸後はすぐに生まれてしまう可能性が高いと
言われており、長女のことを考えると、決められた日に出産できれば
周りや本人も気が楽です。

そうでなければ、夜中だったら大変だなぁとか、昼間だったら娘は
どうするんだみたいなことを考えなきゃいけないわけだし・・

というわけで17日にすべてが決まるかもしれません。


余談

日本語がへたくそだなぁ
twitterにハマりますます悪い方向へ
たまには、mixiしないと