読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

物件立ち会いの日

マイホーム購入記

スポンサーリンク

 

今日は、完成した物件立ち会いの日でした。チェックを行い、引き渡しの日までに直してもらいます。

チェックといっても、素人では汚れ等しか分からないので、職場の人に教えてもらった、ホームインスペクションサービス会社に同行をお願いしました。

戸建ての場合、3時間のチェックで63000円也。いいお値段します。

14:30に現場で待ち合わせ。

ホルムアルデヒドの検査はしばらく密室にする必要があるということで、北側2階の部屋からチェックを始めました。

僕たちは、窓などの可動物の動作確認と汚れや傷のチェックをメインに行いました。調査士の方は、専門の測定器を使っていろいろ測定していました。

最初の部屋は気合を入れて隅々まで見ていたのですが、部屋が進むに連れて徐々に大雑把になってしまいました。あと、明かりが十分にある2階や照明がついている部屋はよかったのですが、照明のない1階のリビングや和室はやや暗くて見えづらかったです。

指摘箇所には、営業の方に付箋やテープなど目印をつけてもらい、チェック票にもメモをとってもらいながら進めました。

僕たちの作業は2時間ほどで終わったため、調査士の作業が終わるまで車で休んでいました。

約2時間半くらいで、調査士の作業も終わって、調査結果などの説明を受け、問題箇所は営業の方に補修等をお願いしていただきました。

調査の結果、比較的大きな問題が2つありましたが、他の問題に比べてという程度のものでした。

それ以外は、指摘されなければ気づかないようなものも多く、総合的にはキチンとできている家だということが分かり安心しました。

それでも小さな汚れや傷を含めて、計44箇所の問題点が見つかりました。内33箇所は僕たちの指摘した汚れやキズです。
(調査士の仕事は、住宅の性能的なものの測定がメインです)

クロスのチェックをしていて気がついたのですが、手を広げてなでていくと傷や付着物などはすぐに分かります。営業の方がいうには、現場監督も同じようにチェックするのだとか。

今日はひと仕事終えた感じがする一日でした。