読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイホーム購入記(その5)

マイホーム購入記 子育て

スポンサーリンク

 

f:id:justyle:20170204005854j:plain

■2009年8月31日

夕方、住宅ローンの事前審査結果OKの連絡あり

■契約までの間

毎晩、3D仮想空間サービス「セカンドライフ」を使って、
図面や設備カタログなどを参考にバーチャルマイホームを建設

図面の見方がよく分からない妻も完成イメージが分かった様子

壁の色変更などのシミュレーションをしてみたり
図面からは読み取れない箇所はどうなっているのかなど
疑問点を洗い出すことができた

■2009年9月5日 14時 営業所

契約の日

実は、購入を決めた物件は、建築確認許可がおりる前から売れており
建築確認許可が出たのが前日の9月4日
それ以前に契約した人は、土地だけで売買契約していたそうです

売買契約書が2つになるのはお互いに面倒なので、
建築確認許可が出るのを待っての契約手続きになりました

契約手続きの前に、

新たに出てきた疑問点を確認したり、壁の色変更などの要望を
伝えて、文書化してもらいました。
設備や部材変更で追加費用が発生するものは、その都度契約書を
交わすという段取りになるそうです。

工期(発注スケジュール)の関係で、壁の色や窓枠の色などは、
その日に決めました。

あと、キッチンに食洗器を追加、洗面化粧台とユニットバスの
グレードアップもお願いしました。

もろもろの確認がすんだあと、契約手続きに入りました

重要事項説明書など、書類はすべて読み上げてもらい、
不明な部分は補足説明していただきました。
思った以上に丁寧に対応していただいたので、安心できました。

その後、すべての書類にサインしたあと、印鑑をポンポン押していきました

人生初めての経験でした。

ちなみに、売買契約は、認め印でOKでした。

手付金も支払いました。

最後に、控えの書類など一式を専用のオリジナルファイルに閉じてもらいました。
あと、住宅ローンの本審査はろうきんでお願いするため
申請に必要な書類一式をまとめてもらいました。


■2009年9月6日

11時 営業所
追加費用の発生する分について、追加契約の手続きに行きました

ついでに、細かいカスタマイズができないか要望をだしてきました

12時 ろうきん
本審査の申し込み
こちらは実印を使いました

その後、前日に準備しておいた借入金額、期間、金利タイプの組合せで
20パターンくらいをシミュレーションしてもらいました。

14時 自宅
昼食後、海でも見に行こうということで、海へ
海に着いたのは日も落ちかけのころでしたが、マイホーム探しで消えた夏を少しは取り戻した感じがしました。