読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイホーム購入記(その2)

マイホーム購入記

スポンサーリンク

 

■2009年7月

僕はYAHOO!不動産を利用
http://realestate.yahoo.co.jp/
(後に、HOME'Sも併用)

エリアはほぼ神奈川県(川崎市・横浜市)に絞った
(やはり東京都は高い)

他によい物件がでてこないので
「線路脇の2階屋」のよさを再認識!

住宅ローンに関する参考書籍購入(古本)

予算がほぼ決まった

「線路脇の2階屋」を2度ほど再内見
・仲介手数料は無料だったが予算が500万以上もオーバー
・結局、悩みながら価格が下がるのを待っている間に売れた

会社の住宅フェアに行った
三菱UFJ信託銀行の人に住宅ローンについて話を聞いた
(思った以上に複雑な仕組みに驚いた)

中央ろうきんに行った→休みだった

中央ろうきんアゲイン→閉店間際で担当者休み
(別の人にちょっとだけ話を聞いた)

グループ会社(不動産)を訪問
・一般公開物件なら、仲介手数料は半額
・ただし、他の不動産屋で内見したものは無効
・勉強や比較のため中古も含めていくつかの物件を内見


■2009年8月

中央ろうきんアゲイン(事前予約)
・詳細聞く
・簡単な金利シミュレーションしてもらった

駅近なら3階屋も候補にすることに(条件緩和)
ただし、
1)LDKフロアにトイレとベランダ、和室
2)トイレ2つ
3)駅近

妻が徒歩10数分圏で気になる物件(1棟売)を見つけた

 土地は狭いが、土地勘もあり利便性は◎(ただし3階屋)
 更地の状態だったが、現地に担当者がいたので
 話を聞いた(雨だった)
 この物件の問題は歩道のない幹線道路?脇という環境と
 都市計画対象物件であること
 あと若干予算オーバー(ただし、相場よりは安い)

翌週、同じ建設会社の建てた物件を内見させてもらう

夜現地に行って、交通量などを確認(夜は静か)

交通量の多い道路脇物件で生活する方法を考えた
・騒音については二重サッシという手がある→効果あり
・洗濯物は乾燥機(ガスがいい)が楽(排ガス対策)
 もしくは、道路と反対側のベランダを活用
・網戸は花粉対策用の目の細かいものがある(排ガス対策に)
・寝室は道路と反対側ならOK(夜朝の交通量は少ない)

売主の建設会社の担当者に会わせてもらった
(素人をバカにするような態度が時々気になった)

都市計画道路について調査
・妻は市役所へ問い合わせた
・僕は市役所に勤める友人に相談

 友人はまさに昔、土地買収担当だったので
 詳しい話を聞くことができた。

 結論としては、この物件は見送ることにした
 理由は、
 ・生きている間に立退きの可能性があること
 ・その際、大きなメリットはない
 ・年齢を考えると再出発はリスクが大きい
  (住宅ローンが組めるのかなど)

雑誌でみて夫婦で気になっていた商品住宅casa cube資料請求
(なんとなく見てみるかという気持ちでした)
http://www.casacube.com/

付属のcasa cubeを使ったドラマ(DVD)を見るといい感じ

妻が徒歩10分圏で気になる2階建て物件(複数棟売)を見つけた

 お盆休み中に現地(更地)を確認

 休み明けにハウスメーカーに電話して
 現地で説明を聞いた
 予算をかなりオーバーしていたのでスルー

8月中は、ほかにも気になる物件をいくつか自分たちで
探して見に行きました
(Googleマップやストリートビュー大活躍!)
物件チラシに番地まで書いてない場合は、現場写真と
ストリートビューを見比べたりしました
駐車場や古家はあやしいです

探して!HOME'Sくん登録
http://sumai.homes.co.jp/Wish/

不動産仲介手数料無料のUSPEC登録
http://www.u-spec.com/

月末、casa cubeについて詳細を聞きに行った

 実際は、本体価格にいろいろついて高くなるらしい
 casaはローコスト住宅ではなく断熱性能など住宅としての性能は高い
 予算が厳しければ、ローコストでcasa風の家を建てる手もある
 希望エリアでcasa cubeが建てられる土地探しは予算的に厳しい
 小田急沿線沿いまでいけば予算内の土地がポツポツ出るらしい
 casa cubeは埼玉にモデルハウスあり
 土地を買うなら、工期45日は費用的に魅力的です!

戸建てはあきらめて、やっぱりマンションにしようかという
話もでたが、戸建て探しの経験値が無駄になるので、
もうしばらく戸建てでがんばることにした

というわけで、土地探しも含めてマイホーム探しを継続

同日、希望エリアの不動産を2件訪問したが
やっぱり土地はほとんどでてこないらしい

そして、その日の帰り道

希望も出てきたが、落ち込んでいたところ

運命的な出会いが!

つづく