読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手厚い健康保険

スポンサーリンク

 

(前の日記からの続き・・まだ30日夜の出来事)

帰宅後、万が一にそなえ情報収集する夫

出産費用、入院費用、保険の適用範囲などなど

「切迫早産」は保険が適用され、1ヶ月で7~10万円程度

どうやらウテメリンは高いらしい

預かってきた着替えは洗濯して部屋干し

就寝する夫

<31日朝の出来事>

前の病院の支払い等のため午前半休を取得

10時頃、病院へ到着

病棟で用事を済ませた後、会計へ

約8万円の請求額に驚く夫(想像以上に高い!)

とりあえず支払いを終えて帰宅、午後は会社へ

請求額の高さから、妻のおかれている状況の深刻さを自覚する夫

会社の健康保険組合に相談すると、請求額のうち最終的な本人負担額は15,000円+保険のきかない費用(食事代等)になることが判明

手厚い制度に安心する夫

<31日夜の出来事>

着替えや入院申込書を持って転院先の病院へ

妻は昨夜に比べ落ち着いた様子

新しい病院に慣れないらしく、前の病院がよかったを連発

ただし、ごはんはおいしいらしい

大手病院らしく、前の病院に比べ看護婦さんは個性が乏しくドライだ、と妻

お腹の張りはずいぶん落ち着いているとのこと
(追加した点滴がきいているのか・・)

副作用についても、処方された漢方薬が効果を発揮

どうやら峠は超えたことを実感する夫

お腹の張りが1時間に6回を超えると陣痛になる、と看護婦さん

このままうまくいけば、生まれる前に一度退院の可能性もある

その場合、産むのは前の病院の可能性が高い

産むなら前の病院が希望の妻

医療費の負担は病院毎であり、同じ病気で意図せず転院することになっても別である