読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

事態は急変!「夜の転院」

スポンサーリンク

 

先週の出来事から

1月23日、妻は定期検診の結果を受けて即入院

診断結果は「切迫早産」

その後、絶対安静ということで、一日中点滴をする入院生活がスタート

病室は2名の部屋で、母親学級?で一緒だったという少し若い妊婦さんと同室

話しやすい女性らしく、昼間は仲良く話をして過ごす毎日

彼女も同じ理由で入院していたが、症状は軽く点滴の濃度は低い

ウテメリンというこの点滴、症状をおさえる効果はあるものの、手が震えるなどのかなり強い副作用がありカラダはつらい

病院のご飯はまずいらしく、何かと食料を運ぶ夫

病院までは、道が空いていれば車で15分程度

入院生活がスタートしても、症状は悪化

「子宮頸管無力症」との診断、心配になる妻、夫

ネットで「子宮頸管無力症」ググって妻に送信

ウ○チをしたくても、力み禁止令
(ここには書けない恥ずかしいことも)

点滴の濃度はMaxに

そして昨日

午後半休をとっていたので、いろいろ買い物をしていつものように病院へ

到着したのは午後3時過ぎ

病室へ行くと、検診の途中だったらしく、胎動を測定する機械につながれ、折れ線グラフが書かれた用紙が次々とでていた

そんな状態で、2時間が経過

そろそろ帰ろうとしたところ、内診があるということで、内診が終わるまで待つことに

内診の結果、トイレ(小)に立つことも禁止令

トイレ付きの個室へ引っ越すことに

荷物をまとめて引っ越しの手伝いをする夫

妻が看護婦さんにいろいろしてもらっている間に、廊下で先生に話しかけられる夫

先生「このままだと生まれる危険がある」
「生まれてもうちでは保育器などの設備がない」
「生まれた後では、未熟児を受け入れる病院を探すのは難しい」
「母体搬送なら、近くの病院で受け入れ先が1件ある」
「ただし、お金はうちの倍くらいかかるけどいいですか?」

夫「倍っていくらくらいですか?(今の入院費もわからんけど)」

先生「6~70万くらいかな、先方の病院が支払い能力を気にしている」

夫「お金は大丈夫ですが、妻と話をさせてください」

妻と話して、転院を決意

病室を引っ越したばかりなのに、それから10数分後には救急車が来るという

「今夜生まれるかもしれない」と言われ、かなり動揺する妻

妻「心の準備がまだできてない、どうしよう(涙)」

ドキドキ、夫

荷物をまとめる夫

救急隊員、到着。

(続く)